スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立博物館、チャウッターヂー・パヤー

午後から日本語が出来るミャンマー人ガイドさんを伴ってヤンゴン半日観光へ出掛けた。

まずは文化の香りも味わおうと「国立博物館」へ。館内は人気がなく薄暗い。
ビルマ王朝の歴史が王宮のミニチュアと共に説明されたものをメインに、仏像、伝統楽器、
工芸品から絵画などが5フロアーに渡って大量展示されていた。その物量と少々散漫な感じに
ガイドさんも若干投げやり気味である。
1Fのミュージアム・ショップで掛っていたBGMが気になり、竪琴のソロ演奏CDを購入。

博物館付近の人気飲食店でモヒンガー(日本のにゅうめん風)に初挑戦。大変美味だった。

次にチャウッターヂー・パヤー。
DSC_0371a.jpg
寝釈迦仏 全長70m。やり過ぎです。
タイからの観光客御一行様

DSC_0372a.jpg

ガイドさんの仏教に関する説明にも俄然熱が入り、「寝釈迦仏の足の裏には仏教の宇宙観が記されている」
「このお釈迦様は瞳を開いているので入滅前の状態である」というような事を言っていたと思うのだが、
熱が入れば入るほど日本語がよく分からなくなった。

ミャンマーの寺院内では完全に裸足になるのが決まり事なので、ペタペタと歩いていると爽快感がある。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://holdon2yoursoul.blog63.fc2.com/tb.php/22-61783d28

Comment

mixbabar | URL | 2010.04.28 21:29 | Edit
こんばんはー。
あ、ここ私も行った行った!
壁に寄付した人の名前がいっぱい書かれてたところやんね。
この仏像のすっごいまつ毛が忘れられない…
けにお | URL | 2010.04.29 21:37
そーそー。日本人も寄付しとるよ、とガイドさんが強調してた(笑)
タイの仏像と比べると、なんとなく笑いを誘う作りが多いよね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

けにお

Author:けにお
-----------------------------------------------------------
性別:男
好きなもの:写真、音楽や映画、犬、
あらゆる美しいもの、旅行、人との楽しい出会い。
使用カメラ:Nikon FE、Nikon D80、
Minolta Autocord、Pentax Z-1

旅行や散歩、生活の中の些細な出来事などを、心の指針に従ってシンプルに写していきたいと思います。たまに好きな音楽の話題に脱線するかもしれません。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。
-----------------------------------------------------------

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from kuni_hiko. Make your own badge here.
リンク
リンク(写真関連)
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。